ジーンズの修理、ジーパンのリペア専門店。穴ふさぎや擦り切れの補修は当店にお任せ!!

ショップロゴ

ホームボタンフライ

ボタンフライロゴ

 ここでは、ボタンフライにまつわる、ジーンズの履き方のちょっとしたコツを説明しようと思います。本当にちょっとしたことなのですが、これをやることでジーンズのダメージを防ぐことが出来ますので、ボタンフライのジーンズを持っている方は、以下の内容をご参照いただいた後、ぜひ、お試しください。

 先ずは、以下の写真をご覧ください。

前股縫い目写真

 こちらは、前股の股ぐりの部分のステッチです。ジーンズを脱ぐときにボタンフライのボタンを勢いよくはずすと、この部分のステッチが、バチンと一気に切れることがあります。
 実際、ステッチが切れやすい場所なので、上の写真のように、ステッチの上の部分にはバータックが入っていたり、もしくは、このバータックの位置にリベットが打ってあったりして、販売されている段階ですでに補強されています。しかし、それでも、このバータックが綿糸であったりする場合は、やはり、ボタンフライをはずした勢いで、バータックのステッチごと股ぐりのステッチが一気に切れてしまうことがあります。
 股ぐりのステッチが切れてしまうと、当然のとこながらそのジーンズは、ステッチを修理するまでは履けなくなってしまうのですが、そんな、悲しい事態を防ぐ簡単な方法が一つあります。以下の写真をご覧ください。

前股縫い目写真

 これは、ボタンフライの一番下のボタンの写真です。この一番下のボタンですが、この一番下のボタンだけは、一度留めたら、よほど特殊な事情がない限り、二度とはずさない方がいいです。ジーンズを購入したら、最初に洗濯すると思いますが、その洗濯するときにボタンを全て留めたら、後はもう、ジーンズを干すときも、ジーンズを履くときも、ジーンズを脱ぐときも、それこそ、このジーンズを履かなくなって捨てるときまで、ずっと、このボタンフライの一番下のボタンだけは留めたままにしておきましょう。もちろん、ボタンフライのそれ以外のボタンは、はずしたり留めたりしないと、脱いだり履いたりが大変なので、普通に使用してよいのですが、この一番下のボタンだけは、ずっと留めたままにして使用することをお勧めします
 このボタンが留まっていると、股ぐりのステッチにはほとんど負荷がかかりませんので、このボタンを留めっぱなしにしている限りは、股ぐりのステッチが千切れるということはほとんどないと思います。また、ヴィンテージジーンズは、経年劣化で綿糸のステッチがはじめから弱っているので、特に、ヴィンテージジーンズのボタンフライの一番下のボタンは、留めっぱなしにすることをお勧めします。
 以上が、ボタンフライのボタンに関するちょっとした豆知識です。本当にちょっとしたことなのですが、これをやるだけで、股ぐりのステッチが千切れることはまずなくなるので、ボタンフライのジーンズを履いている方はぜひお試しください。

お問い合わせロゴ
SERVICE MENU
トップページ
修理について
リペアサンプル
お値段
注文方法
持ち込みについて
お問い合わせ
JEANS TRIVIA
ジーンズの洗い方
ボタンフライ
壊れやすい場所
INFORMATIONS
山田屋について
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
お支払い方法

消費税5%据え置き
山田屋Blog
店舗情報
〒250-0851
神奈川県小田原市曽比2252
よねしんアパート1号室
mail yamabouzu1850@kem.biglobe.ne.jp
tel 09095056832
(電話番号を公開してはおりますが、お問い合わせは可能な限りメールでお願いします。)

Copyright (C)
ジーンズ修理 山田屋.
All Rights Reserve

ジーンズの修理、ジーパンのリペア専門店。

ショップロゴ

ホームボタンフライ

ボタンフライロゴ

 ここでは、ボタンフライにまつわる、ジーンズの履き方のちょっとしたコツを説明しようと思います。本当にちょっとしたことなのですが、これをやることでジーンズのダメージを防ぐことが出来ますので、ボタンフライのジーンズを持っている方は、以下の内容をご参照いただいた後、ぜひ、お試しください。

 先ずは、以下の写真をご覧ください。

前股縫い目写真

 こちらは、前股の股ぐりの部分のステッチです。ジーンズを脱ぐときにボタンフライのボタンを勢いよくはずすと、この部分のステッチが、バチンと一気に切れることがあります。
 実際、ステッチが切れやすい場所なので、上の写真のように、ステッチの上の部分にはバータックが入っていたり、もしくは、このバータックの位置にリベットが打ってあったりして、販売されている段階ですでに補強されています。しかし、それでも、このバータックが綿糸であったりする場合は、やはり、ボタンフライをはずした勢いで、バータックのステッチごと股ぐりのステッチが一気に切れてしまうことがあります。
 股ぐりのステッチが切れてしまうと、当然のとこながらそのジーンズは、ステッチを修理するまでは履けなくなってしまうのですが、そんな、悲しい事態を防ぐ簡単な方法が一つあります。以下の写真をご覧ください。

前股縫い目写真

 これは、ボタンフライの一番下のボタンの写真です。この一番下のボタンですが、この一番下のボタンだけは、一度留めたら、よほど特殊な事情がない限り、二度とはずさない方がいいです。ジーンズを購入したら、最初に洗濯すると思いますが、その洗濯するときにボタンを全て留めたら、後はもう、ジーンズを干すときも、ジーンズを履くときも、ジーンズを脱ぐときも、それこそ、このジーンズを履かなくなって捨てるときまで、ずっと、このボタンフライの一番下のボタンだけは留めたままにしておきましょう。もちろん、ボタンフライのそれ以外のボタンは、はずしたり留めたりしないと、脱いだり履いたりが大変なので、普通に使用してよいのですが、この一番下のボタンだけは、ずっと留めたままにして使用することをお勧めします
 このボタンが留まっていると、股ぐりのステッチにはほとんど負荷がかかりませんので、このボタンを留めっぱなしにしている限りは、股ぐりのステッチが千切れるということはほとんどないと思います。また、ヴィンテージジーンズは、経年劣化で綿糸のステッチがはじめから弱っているので、特に、ヴィンテージジーンズのボタンフライの一番下のボタンは、留めっぱなしにすることをお勧めします。
 以上が、ボタンフライのボタンに関するちょっとした豆知識です。本当にちょっとしたことなのですが、これをやるだけで、股ぐりのステッチが千切れることはまずなくなるので、ボタンフライのジーンズを履いている方はぜひお試しください。

お問い合わせロゴ
inserted by FC2 system