裾5
before
after
コメント
 裾を踏んづけてしまって、生地が擦り切れて、部分的に生地が完全になくなっています。写真をご覧いただくとわかると思いますが、裾の折り返し部分の生地もなくなっているので、かなり厄介な状態です。ただ、それでも、デニムのあて布を使うには範囲が狭かったので、修理する際には、普段使っている薄手のあて布と擬似横糸にプラスして、少し厚手の綿のあて布を当てて修理しました。きれいに仕上がりましたが、これぐらいのダメージになると料金は少し高くなりますので、お手持ちのジーンズにダメージが出ている方は、ここまでの状態になる前に早めに修理されることをお勧めします。
お問い合わせロゴ
SERVICE MENU
トップページ
修理について
リペアサンプル
お値段
注文方法
持ち込みについて
お問い合わせ
INFORMATIONS
山田屋について
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
お支払い方法

消費税5%据え置き
山田屋Blog
店舗情報
〒250-0851
神奈川県小田原市曽比2252
よねしんアパート1号室
mail yamabouzu1850@kem.biglobe.ne.jp
tel 09095056832
(電話番号を公開してはおりますが、お問い合わせは可能な限りメールでお願いします。)

SERVICE MENU

INFORMATIONS

店舗情報

〒250-0851
神奈川県小田原市曽比2252
よねしんアパート1号室
mail
yamabouzu1850@kem.biglobe.ne.jp
tel:09095056832
(電話番号を公開してはおりますが、お問い合わせは可能な限りメールでお願いします。)

inserted by FC2 system