PC修理についてロゴ
スマートフォン用修理についてロゴ

 ここでは、当店が行う修理について、修理方法と修理の特徴に分けて簡単にご説明いたします。大切なジーンズをお預かりする上で、お客様から信頼していただけますよう、情報開示に勤めてまいりますので、ご依頼いただく際の検討材料としてご利用ください。
修理方法ロゴ
修理方法ロゴ
1、当て布+擬似横糸+ミシン叩き
 当店が行う最も基本的なリペア方法です。手順としては、当て布とデニム地との間に、擬似的な横糸を付け足して、その上からジーンズと同色系の糸で何度もステッチを入れ、傷口を周辺のデニム地と同化させます。
 かなり大きな傷でも対応できますが、ステッチがたくさん入るので仕上がりが少し硬くなります。そのため、脚部など可動域の大きい部分にはあまり使わず、主に、股やお尻など、負荷がかかりやすく修理跡に強度の必要な部分にこの修理法を使います。

<サンプル写真>
before
修理写真
after

修理写真

2、当て布+擬似横糸+ミシン叩き(ステッチ荒め)
 このやり方は1のやり方の応用編です。基本的には1のやり方と同様に、当て布とデニム地との間に擬似的な横糸を付け足して、その上からジーンズと同色系の糸で何度もステッチをいれます。しかし、1のやり方よりもステッチを荒く入れているので、非常に柔らかく仕上がります。そのため、脚部のような可動域の大きい部分に大きな穴が開いてしまった場合に有効な修理方法です。ステッチが荒めなので修理跡は目立ちますが、仕上がり後の履き心地がよいのでお客様からもご好評をいただいております。

<サンプル写真>
before
修理写真
after

修理写真

3、デニムであて布
 このやり方は、傷口が大きく、なおかつ横糸も残っておらず、ジーンズに非常に大きな穴があいてしまっているときに使うリペア方法です。手順としましては、ジーンズと同色系の古着のジーンズを切り出して、その切り出した布で傷口に当て布を施し、さらに、ジーンズと同色系の糸でステッチを入れて、当て布部分ともともとのジーンズとを同化させます。
 この方法を使うのは主に裾部分の修理です。裾を何度も踏んづけているうちに布が擦り切れてなくなってしまい、広範囲に生地がなくなっている場合にこのやり方で修理します。あて布に使用するデニムは極力同じ色のデニムを選びますが、もともとは別々のジーンズですので修理跡はどうしても目立ちます。

<サンプル写真>
before
修理写真
after

修理写真

番外編、ボタンとリベットの取り付け
 当店ではリベットの着脱とネオバーボタン(ネオバボタン)の取り付けも行っております。
 用意しているリベットとボタンの種類は以下の通りです。
 修理の際にはこれらのリベットとボタンの中から、オリジナルのものと似ているものを選んで取り付けるかたちになります。各メーカーオリジナルのボタンやリベットに関しましては当店では用意することが出来ませんので、見積もり及び修理をご依頼の際にはその点だけご了承ください。

<サンプル写真>
リベット(無地つや消しゴールド&無地つや消しシルバー)
リベット写真

ボタン(文字入りつや消しシルバー 19mm・17mm・14mm)
ボタン写真1

ボタン(文字入りつや消しゴールド 19mm・17mm・14mm)
ボタン写真2

ボタン(文字入りブラック 19mm・17mm・14mm)
ボタン写真3

ボタン(文字無しつや出しシルバー 17mm・14mm)
ボタン写真4

ボタン(文字無しつや消しブラック 17mm・14mm)
ボタン写真5

ボタン(文字無しつや消しゴールド 17mm・14mm)
ボタン写真6

ボタン(文字無しつや消しシルバー 17mm)
ボタン写真7

修理の特徴ロゴ
修理の特徴ロゴ
修理写真 1、サイドのステッチは基本的に解きません
 当店では太腿や膝など脚部の修理をする際に両サイドのステッチは解きません。そのため、修理後もサイドのステッチに沿って出来たアタリがずれることはなく、ジーンズ全体の風合いを崩しません。(傷が非常に大きい場合や、アウトシーム部分にまで傷が達している場合、また、ジーンズが非常に細い場合などはアウトシームをほどいて作業することがあります。)
修理写真 2、適材適所のリペアでしなやかに仕上げます
 ジーンズの修理というとどうしても「目立たなく修理する」ことが最もよい修理だと思われがちです。しかし、目立たないように修理するためには、ミシン叩きを多めにほどこして糸をたくさん入れる必要があり、その分、どうしても若干の硬さが出てしまいます。膝や腿といった可動域の大きい部分は少しでも硬さがあると、修理後の履き心地の悪さに直結します。
 そのため、当店では、なんでもかんでも「目立たないように修理する」というのではなく、硬さがストレスになる部分はステッチを荒めに入れた「軽めのリペア」を施し、股のように硬さがそれほど気にならずなおかつある程度の強度が必要とされる部分には「目立たないリペア」を施すようにしています。
 もちろん、脚部であっても傷が小さい場合などは臨機応変に「目立たないリペア」と「軽めのリペア」を使い分けて修理いたします。また、お客様のご要望と当店のリペア方針が食い違った場合には、見積もり段階でリペア方法のご説明等させていただきますのでお客様の側からも遠慮なくご意見をお寄せください。
修理写真 3、デニムのあて布は極力使いません
 ダメージを補修した後に、修理をした周辺箇所から破れてくる場合があります。その原因のほとんどは、修理箇所と周辺箇所との間で生じる生地の厚みの差です。修理箇所と周辺との間で生地の厚みに差が生じると、生地の厚い部分と薄い部分の境界にストレスが発生してそこから破れが発生します。
 当店ではそのような状況を防ぐため、厚手のデニム地を使ったりペアは極力行いません。ダメージが極端に大きい場合や、裾の部分が欠損している場合などはデニムのあて布を使用しますが、それ以外の理由でデニムのあて布を使うことはほとんどありません。
 ジーンズの修理はあて布を使って修理するため、修理箇所と周辺箇所との厚みの差を100%回避することは不可能ですが、当店では薄手のあて布を使うことで厚みの差が極力生じないように工夫しています。
修理写真 4、リーズナブルな料金設定
 当店は自宅件工房の形式で運営しているオンラインショップです。そのため、営業する際に店舗維持費がかかりません。当店ではそういったオンラインショップの特性を生かして、削減した店舗維持費をお客様に料金で還元しております。
 実際に見積もりを依頼していただければわかると思いますが、当店の料金設定は他店様と比べてかなりリーズナブルです。お客様の中には複数のお店から見積を取って料金を比較したうえでご注文される方もいらっしゃいますが、過去には、当店の料金が他店様の半額以下だったという事例もございます。
 そういった事例はかなり珍しい例ですが、場合によってはそういうこともございますので、他店様の料金で納得できなかった方もぜひ一度当店に見積を出してみてください。
 もちろん、当店の料金の安さは先ほども申し上げましたとおり、オンラインショップという営業形式から来るものですので、料金が安いからといって修理の手を抜いているということは絶対にありません。当店の修理の仕上がりをご確認いただく際には『リペアサンプル』の項目をご覧ください。
修理写真 5、タバコの臭いがつきません
 洋服など身の回りのものを修理に出した際に、帰ってきた修理品から薄っすらとタバコの臭いを感じるといった経験をした方が少なからずいると思います。ご存知のようにタバコのにおいは非常に強力で、修理する人自身が吸っていなくても、同じ部屋もしくは同じ建物にタバコを吸う人がいると、衣服などの場合どうしても薄っすらとタバコのにおいがついてしまいます。
 しかし、当店は店長であり修理担当者である私自身が一切タバコを吸わず、なおかつ、タバコを吸う人が作業場に出入りすることも一切ありませんので、お客様からお預かりしたジーンズにタバコのにおいがつくことはありません。


SERVICE MENU
トップページ
修理について
リペアサンプル
お値段
注文方法
持ち込みについて
お問い合わせ
INFORMATIONS
山田屋について
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
お支払い方法

消費税5%据え置き
山田屋Blog
店舗情報
〒250-0851
神奈川県小田原市曽比2252
よねしんアパート1号室
mail yamabouzu1850@kem.biglobe.ne.jp
tel 09095056832
(電話番号を公開してはおりますが、お問い合わせは可能な限りメールでお願いします。)

SERVICE MENU

INFORMATIONS

店舗情報

〒250-0851
神奈川県小田原市曽比2252
よねしんアパート1号室
mail
yamabouzu1850@kem.biglobe.ne.jp
tel:09095056832
(電話番号を公開してはおりますが、お問い合わせは可能な限りメールでお願いします。)

inserted by FC2 system